SEOライティングで成果を出すコツ23選

フリーランスで SEO コンサルティングをしている集客ドットコムのSAKAIです。今回は、SEOライティングを勉強したいと考えている初心者の方向けに、SEO ライティングのコツを解説します。

SEOライティングとは

SEO ライティングは、SEO 経由の訪問数を最大化するために、検索結果上でクリックされやすくするためのライティングテクニックです。

SEO経由の訪問数を増やすためには、よく検索されているキーワードで、検索結果の上位に表示し、たくさんのクリックを集めることが重要です。

SEOライティングのテクニックを習得しておくことで、これまで以上にSEO経由の訪問数を集めることが期待できます。

SEOライティングのコツ

今回ご紹介するSEO ライティングのコツは、下記のとおりです。それぞれについて解説していきます。

  1. 検索されているキーワードでつくる
  2. 上位表示可能なキーワードでつくる
  3. 検索者に役立つコンテンツをつくる
  4. ページタイトルにキーワードを含める
  5. クリックしたくなるページタイトルをつくる
  6. 記事内容と異なるページタイトルは避ける
  7. ページタイトルは検索結果に表示可能な文字数でつくる
  8. メタディスクリプションにキーワードを含める
  9. メタディスクリプションは検索結果に表示可能な文字数でつくる
  10. クリックしたくなるメタディスクリプションをつくる
  11. 検索ニーズに沿った見出し構成をつくる
  12. 検索者が目的のコンテンツにたどり着きやすい見出し文にする
  13. 見出しにキーワードを含める
  14. 見出しタグを適切に利用する
  15. 代名詞の多様を避ける
  16. 簡潔な文章を心がける
  17. 図表や箇条書きを使う
  18. エビデンスにリンクする
  19. 古くなった記事はリライトする
  20. 画像の説明情報をalt属性に含める
  21. 画像のファイルサイズを小さくする
  22. 執筆者を紹介する
  23. 執筆者の専門性を高める

企画

1.検索されているキーワードでつくる

最初に意識していただきたいことは、検索されているキーワードでコンテンツを作ることです。コンテンツの制作時間やお金を増やしても、そのコンテンツを必要としている検索ユーザーがいなければ、SEO経由の訪問数を増やすことはできません。

検索されているキーワードを調べるためには、Google 広告のキーワードプランナーなどのツールを利用すると良いです。キーワードプランナーを利用することで、よく検索されているキーワードと、キーワードごとの検索ボリュームを知ることができます。

キーワードプランナーを活用して、潜在顧客がよく検索しているキーワードを把握し、検索されているキーワードでコンテンツを作りましょう。

2.上位表示可能なキーワードでつくる

SEO ライティングの二つ目のコツは、上位表示可能なキーワードで作ることです。

SEO経由の訪問者を増やすためには、検索キーワードで上位に表示される必要があります。どれほど優れたコンテンツを提供していても、競合他社がより優れたコンテンツを提供しているならば、検索結果で上位表示されることは期待できません。

上位表示可能なキーワードを見つけるためには、検索結果を確認することが重要です。潜在顧客がよく検索しているキーワードをいくつか検索し、検索上位サイトの顔ぶれを確認しておきましょう。自身よりも優れた専門家が優れたコンテンツを提供している場合、検索上位表示の道のりは長いです。

SEO経由の訪問数を増やすためには、上位表示可能なキーワードでコンテンツを作りましょう。

3.検索者に役立つコンテンツをつくる

SEOライティングの3つ目のコツは、検索者に役立つコンテンツを作ることです。

SEO の検索順位は、基本的に検索ユーザーに役立つ順で並んでいます。検索ユーザーに役立つコンテンツとは、その分野において信頼できる専門家による、検索者の目的を解決することに役立つコンテンツです。

検索者に役立つコンテンツを作るためには、検索キーワードの意図を理解することが重要です。検索結果の1ページ目に表示されているコンテンツを確認し、検索上位のサイトがどんなコンテンツを提供しているのか確認しましょう。

ページタイトル

4.ページタイトルにキーワードを含める

SEOライティングの4つ目のコツは、 ページタイトルにキーワードを含めることです。

ページタイトルは、検索結果の見出しに表示される可能性が高い印象です。ページタイトルにキーワードを含めることで、検索者に直接的に役立つコンテンツであることをアピールできます。

実際に、グーグル検索のヘルプページには下記の記述があります。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#goodtitlesandsnippets

前述のコツで検索者に役立つコンテンツを作り、ページタイトルには、キーワードを含めましょう。

5.クリックしたくなるページタイトルをつくる

SEOライティングの5つ目のコツは、クリックしたくなるページタイトルを作ることです。

ページタイトルにキーワードが羅列されていても、どのようなコンテンツか想像することができません。ページタイトルは、検索に役立つコンテンツであることを伝えることが重要です。

実際に、グーグル検索のヘルプページには下記のように記述されています。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#goodtitlesandsnippets

ページのコンテンツの主題を効果的に伝えるためには、キーワードを含めるだけでは不十分です。検索上位サイトの見出しを参考に、クリックしたくなるページタイトルを作りましょう。

6.記事内容と異なるページタイトルは避ける

SEOライティングの6つ目のコツは、記事内容と異なるページタイトルは避けることです。

いくらクリックしたくなるページタイトルであっても、実際のコンテンツと乖離していては意味がありません。

以前はクリックされやすい見出しのコンテンツが上位表示されやすい事象が多く見受けられましたが、現在はそのような事はありません。

7.ページタイトルは検索結果に表示可能な文字数でつくる

SEOライティングの7つ目のコツは、検索結果に表示可能な文字数でページタイトルをつくることです。

ページタイトルが長すぎると、ページタイトルを省略した見出しや、ページタイトル以外の情報を使った見出しが表示されてしまいます。優れたページタイトルを考えても実際に表示されなければ意味がありません。

実際に、グーグル検索のヘルプページには下記のように記載されています。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#goodtitlesandsnippets

検索結果の見出しとして表示される文字数は35文字程度です。

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

ページタイトルも35文字程度で作るとよいでしょう。

メタディスクリプション

8.メタディスクリプションにキーワードを含める

SEO ライティングの8つ目のコツは、メタディスクリプションにキーワードを含めることです。

メタディスクリプションは、コンテンツの要約を記載する箇所で、検索結果の説明文として採用されることが多いです。

メタディスクリプションにキーワードを含めることで、検索者に直接的に役立つコンテンツであることをアピールすることができます。

実際にグーグル検索のヘルプページでは、下記のようにアドバイスしています。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#use-unique-descriptions-for-each-page

メタディスクリプションで、ページごとに固有な説明を使用する場合、キーワードは自ずと含まれますよね。

9.検索結果に表示可能な文字数でメタディスクリプションをつくる

SEO ライティングの9つ目のコツは、検索結果に表示可能な文字数でメタディスクリプションを作ることです。

検索結果の説明文は、見出し箇所と同様に表示可能な文字数に上限があります。メタディスクリプションが長すぎると、文章を省略されたりメタディスクリプション以外の情報から説明文を生成されてしまいます。

検索結果の説明文として表示される文字数は80文字程度です。

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

そのため、メタディスクリプションも80文字程度に収めると良いでしょう。

10.クリックしたくなるメタディスクリプションをつくる

SEO ライティングの10個目のコツは、クリックしたくなるメタディスクリプションを作ることです。

メタディスクリプションは、検索結果の説明文として利用されることが多いです。そのため、クリックしたくなるメタディスクリプションを作ることで、検索結果上でのクリック率が向上し、SEO経由の訪問数増加が期待できます。

クリックしたくなるメタディスクリプションを作るためには、コンテンツ冒頭の要約文をイメージすると良いでしょう。

実際に、グーグル検索のヘルプページには下記の記述があります。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#accurately-summarize-the-page-content

ページタイトルと同様に、クリックしたくなる説明文を目指すと良いでしょう。

見出し

11.検索ニーズに沿った見出し構成をつくる

SEO ライティングの11個目のコツは、検索ニーズに沿った見出し構成を作ることです。

検索ニーズに沿った見出し構成を作ることで、キーワードを検索した人に役立つコンテンツを作ることができます。

たとえば、本記事は下記の見出し構成としています。

  • $キーワード$とは
  • $キーワード$のコツ
  • $キーワード$のよくある質問
  • まとめ

見出し構成を作る際は、上位表示しているコンテンツの見出し構成を参考に、検索者のニーズを網羅的かつ順序立てて整理すると良いでしょう。

12.検索者が目的のコンテンツにたどり着きやすい見出し文にする

SEO ライティングの12個目のコツは、検索者が目的のコンテンツにたどり着きやすい見出し文にすることです。

見出しは、文章の段落の最初に置く内容の要点をまとめた言葉です。見出しを分かりやすく表現することで、検索者は目的のコンテンツにたどり着きやすくなります。

たとえば、本記事は下記の見出し構成としています。

  • $キーワード$とは
  • $キーワード$のコツ
  • $キーワード$のよくある質問
  • まとめ

見出しを分かりやすくするためには、見出しが前後の文章を読まなくても意味がわかる表現を目指すと良いです。検索者が目的のコンテンツにたどり着きやすい見出し文を目指しましょう。

13.見出しにキーワードを含める

SEO ライティングの13個目のコツは、見出しにキーワードを含めることです。

検索ニーズに沿った見出し構成を分かりやすく表現すれば、見出しにキーワードが含まれるケースが自然と多くなるはずです。

たとえば、本記事では下記の見出し構成としています。

  • $キーワード$とは
  • $キーワード$のコツ
  • $キーワード$のよくある質問
  • まとめ

ただし、見出しにキーワードを含める際は、闇雲にキーワードを含める必要はありません。本記事で言えば、”$キーワード$のまとめ”という表現は、さすがにくどいと考えて、キーワードを含めることを控えました。

14見出しタグを適切に利用する

SEO ライティングの14個目のコツは、見出しタグを適切に利用することです。

見出しタグは、HTMLのタグの一種であるHタグのことです。見出しタグは、H1~H6までの6種類存在し、数字が小さいほど大きな見出しを意味します。

  • <h1>~</h1>:1番目に大きい見出し
  • <h2>~</h2>:2番目に大きい見出し
  • <h3>~</h3>:3番目に大きい見出し
  • <h4>~</h4>:4番目に大きい見出し
  • <h1>~</h5>:5番目に大きい見出し
  • <h6>~</h6>:6番目に大きい見出し

見出しタグを利用することで、検索エンジンに見出しであることを伝えやすくなります。

実際にグーグル検索のヘルプページには、下記の記述があります。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#imagine-youre-writing-an-outline

本文

15.代名詞の多用を避ける

SEO ライティングの15個目のコツは、代名詞の多用を避けることです。

代名詞は物事や場所方角などを漠然と伝える表現のことです。

  • 人称代名詞:私、あなた、彼、彼女、それ
  • 指示代名詞:これ、あれ
  • etc

代名詞を多用すると、キーワードやキーワードに関するコンテンツで頻出する表現の表示率が下がります。キーワードの表示率が下がると、十分な情報を提供していないと誤認される可能性があります。

16.簡潔な文章を心がける

SEO ライティングの16個目のコツは、簡潔な文章を心がけることです。

長い文章は読みづらいことが多く、検索者が離脱してしまう可能性が高まります。同様に、検索エンジンも文章の内容を理解することに苦労することでしょう。

コンテンツを書く際は、簡潔な文章を心がけましょう。完成後に、文章を分割するのも良い手です。

17.図表や箇条書きを使う

SEO ライティングの17個目のコツは、図表や箇条書きを対応することです。

物事を文章だけで伝えようとしてしまうと、どうしても長く冗長で分かりづらいコンテンツになってしまいがちです。

画像や箇条書きは、物事を簡潔に分かりやすく伝える手段として有効です。画像や箇条書きのわかりやすさを感じるシーンは多いのではないでしょうか。

18.エビデンスにリンクする

SEOライティングの18個目のコツは、エビデンスにリンクすることです。

エビデンスは日本語で証拠という意味です。エビデンスにリンクすることでコンテンツの信頼性が高まります。

普段コンテンツを見ている時に「それって本当?」と感じるときはありませんか。あなたのコンテンツがどれほど信憑性が高くても、そのエビデンスを読者に伝えなければ、検索者は不安に思ってしまうことでしょう。

実際に Google 検索では、コンテンツの専門性を示す手段について下記のように述べています。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#make-expertise-and-authoritativeness-clear

コンセンサスを示す手段として、専門性と権威性が高いサイトのエビデンスにリンクしましょう。

19.古くなった記事はリライトする

SEO ライティングの19個目のコツは、古くなった記事はリライトすることです。

古くなった記事は、検索者の意図を満たすことができず、検索順位が下落してしまいがちです。

記事内容をブラッシでュアップしたほうが良い場合は、記事を書き直しましょう。

画像

20.画像の説明情報をalt属性に含める

SEO ライティングの20個目のコツは、画像の説明情報をalt属性に含めることです。

alt属性は、何らかの理由で画像が表示できない場合に、代わりに表示されるテキスト情報です。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#usealtattribute

altテキストを入力しておくとリンク先のページについて Google が理解しやすくなります。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#supply-alt-text-when-using-images-as-links

21.画像のファイルサイズを小さくする

SEO ライティングの21個目のコツは、画像のファイルサイズを小さくすることです。

大きくて美しい画像は、読者を魅了します。しかしファイルサイズが大きすぎると、ページの読み込み時間が長くなってしまいます。

ページの読み込み時間が長いと検索順位に悪影響を与える場合があります。Google 検索では、ページの読み込み時間を検索順位の決定要素の一つとしています。

https://developers.google.com/search/docs/advanced/experience/page-experience

ページの読み込み時間に与える要素は画像以外にも多数あります。しかし SEO ライティングに限った話しで言うと、画像のファイルサイズに気を配っておくことが重要だと思います。

画像のファイルサイズについては、オンラインで画像を圧縮できるツールなども存在します。見た目を損なわない範囲で画像のファイルサイズを小さくしましょう。

執筆者

22.執筆者を紹介する

SEO ライティングの22個目のコツは、執筆者を紹介することです。

検索者に役立つコンテンツとは、コンテンツの中身だけでなく誰が語っているかも重要です。なぜなら、情報の正確性の判断基準として、誰が語っているかという点も重視されるからです。

検索者に役立つコンテンツであることを示すために、執筆者を積極的に紹介しましょう。

Google 検索のヘルプページでも下記のように記述されています。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#act-in-a-way-that-cultivates-user-trust

執筆者の紹介する方法は、いくつかあります。

  • 冒頭に執筆者の名前を記載し、プロフィールページにリンク
  • 文末に執筆者のプロフィールモジュールを搭載し、プロフィールを表示
  • サイトの運営者情報ページへヘッダーやフッターからリンク

検索者の立場に立って、最適な方法で執筆者を紹介しましょう。

23.執筆者の専門性を高める

SEO ライティングの23個目のコツは、執筆者の専門性を高めることです。

前述の通り、検索者に役立つコンテンツとはコンテンツの中身だけでなく執筆者の専門性も重要視されます。

執筆者の専門性を高める方法としては、いくつかあります。

  • 自身の専門性を高める
  • 専門家に記事を書いてもらう
  • 専門会に取材して記事を書く

検索者に安心して記事を選んでもらうため、執筆者の専門性を高めましょう。

SEOライティングのよくある質問

Q
SEOライティングの習得におすすめの本はありますか?
A

沈黙のWebライティングをおすすめします。SEOライティングの実践的なノウハウを、コミカルなストーリー形式で学ぶことができます。

まとめ

今回はSEOライティングで成果を出すコツをご紹介しました。SEOライティングの初心者に役立つノウハウを私なりにピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか。SEO観点でライティングをする際の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

SAKAI@集客ドットコム

スタートアップ専門の副業SEOコンサルタントです。業界歴10年以上の知見を元に、地に足のついた結果が出るSEOコンサルティングを安価に提供します。SEO周りでお困りの方はお気軽にご連絡ください!